早稲田大学 受験生応援サイト DISCOVER WASEDA

学生メッセージ

Message

学部時代の知識を活かし、カーボンナノチューブの電気特性を探究中

高校生の時に興味を持ち始めた宇宙開発について学びたいと考え、基幹理工学部に入学し、2年進級時に機械科学・航空宇宙学科に進みました。早稲田にはさまざまな学生がいて、同じ志を持つ仲間、宇宙に興味を持つ人々に出会え、多くの刺激を受けています。大学院進学は入学当初から視野に入れていましたが、3年次に研究室へ配属されてから、さらに研究を進めたいという気持ちが強くなりました。現在は、学部時代から所属する川田研究室でカーボンナノチューブで作った糸の電気特性について研究しています。大学院は学部時代に蓄えた知識を総動員して課題に取り組む場所です。その学びには明確な正解というものがなく、不安になることもしばしばありますが、そんな中でも小さな成果が出れば嬉しく、世の中の誰も知らないことに取り組んでいるという誇りを持って向き合えるのでやりがいを感じます。また、電気の特性に優れた軽いカーボンナノチューブは、いつか宇宙開発に役立つのではないかと考え、モチベーションにもなっています。学部から今までの学びを通して感じたことは、無駄なことは何一つないということです。学部で具体的なイメージが掴めないまま受けていた基礎的な授業から現在の専門的な研究に至るまで、その全てが積み重ねで活かされていると実感しています。

Profile
立岩 里菜 Tateiwa Rina
大阪府立高津高校出身
2021年 基幹理工学部 機械科学・航空宇宙学科卒業
基幹理工学研究科 機械科学・航空宇宙専攻 修士課程 1年

※掲載情報は2021年度内の取材当時のものです。

学生メッセージ一覧に戻る

Message

Page
Top